にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「今度こそ病院へ」

会社の健康診断にて肝臓に「要精密検査」のしるしを付けられたパパさま(旦那さま)。検査の結果「C型肝炎」と判明。入院コースとなる。入院中の検査もインターフェロン+投薬治療も特に問題もなく、アッサリと退院。退院後の6ヶ月間。週1回通院しながらインターフェロン&投薬治療。インターフェロン増量だったり、副作用が出たり、なんだかんだ言いながらもインターフェロン&投薬治療の6ヶ月間は何とか終了。しかし、大事な部分はその先で、付き1通院1回目は無事通過、2回目はもう余計な事がありすぎて延長延長・・・・

完全に不信感でいっぱいのにゃあ。

「はたして3回目の正直で6月6日は病院へ行けるのか?」
「また落とし穴があるんちゃうやろな・・・(-"-;)」


そんな気持ちで過ごした1週間。問題の6月6日がやってきた。

それまでの1週間、にゃあは今までと打って変わってなーんにも言わなかった。それまでしつこくしつこく連呼していた「診察に行く日」だの「診察時間」だの、全く言わなかった。

何か作戦があって言わなかったとかでなく、初めの2週に気合を入れすぎたにゃあは疲れてた(笑)おまけに不信感が募っていたので、散々しつこく言うてても今回またキャンセルだの言われたら怒りを通り越して悲しくなるので言わなかったのだ。

前日の夕食時に

「明日病院やから、ちゃんと帰ってきてな(-o-;)」

とは一応言いましたけど・・・(-.-;)

6日当日、パパさまはキチンと家に帰ってきた。

会社の方の段取りがうまく付けられたかどうか?は定かでないが、とりあえず帰ってきてくれさえすれば、もうこっちのもんだ(?)

病院へ行く準備をして出発〜(〃´o`)=3

「やっと病院行ける〜(T∇T)」ってのと、「ちゃんと段取り付ければ行けるやないのっ!(;゚皿゚)」と言うのと、眠たいのとが混ざり合って、嫌味を言うつもりではなかったが思わず

にゃあ:「あ〜。やっと病院行けるなぁ。前の診察からかなり時間空いてるし、先生何って言うやろうな・・・」

と不安をあおるようなセリフをポロっと言うてしまった
σ(^◇^;)

パパさまは前回・前々回の件を反省はしているようで

パパさま:「そうやなぁ〜。お、怒られるかなぁ〜(。。;」

インターフェロンは終わってるしレベトールも終わってるので、治療もここまでくるとそんなに「先生に怒られる」とか「治療の段取りが狂う」とか言うこともまぁ少ないのだけど、パパさまはこんなに長く病院に通うことがなかったので、ちょっと不安なようだった。(先生よりもにゃあが怒っているが)

病院に到着するといつも通りの採血。

ちょっと手間取ったのは、受付の科も診察室の場所も変わっていて、診察室はすごーく隅っこに追いやられていたので、どこからともなくいつもの看護婦さんは出てくるんやけど診察室が見当たらず、若干あたふたした(笑)

看護婦さんに名前を呼ばれても、診察室が全く見つけられず、いったん引っ込んだ看護婦さんがまた出てきてくれて誘導されながら診察室へ(^^;

パパさまは「2回もキャンセルしたし、診察が伸びてしまったから怒られる・・・」とずっと思ってたようで、顔がこわばっていた(笑)→「怒られる」と思うならちゃんとせぇと思ったのは言うまでもなし。

先生は・・・・普通だった(笑)

先生:「こんにちわ〜φ(゚∀゚ )」
にゃあ・パパさま「こんにちわ〜(_ _)(_ _)」
先生:「その後どう?具合悪くないか?しんどいとかない?(・・?」
パパさま:「いえ、全然全く大丈夫ですっ!体がだるいとかもないですっ」(何か気合が入ってる)
先生:「そうか〜。はい、これが今日の検査結果ね〜」

で出されたのがこちら↓

●GOT・・・・17(平均値:8〜38)
●GPT・・・・22(平均値:4〜44)
●γGTP・・・29(平均値:16〜73)

●白血球・・・・5570(平均値:3800〜9000)
●血小板・・・・24.4(平均値:15〜35)


先生:「うん。特に問題ないね。安定した数値やし、あともう1ヶ月こういう状態が続くとええねんけどね(o^-^)b」

2回目の検査が大幅に遅れたものの、表向きの数値が特に問題ないと知って、にゃあはほっとした。異様に緊張していたパパさまも安堵したことやろう(笑)

ただし、表向きの結果が良くても、定性検査(ウイルスの数値を調べる検査)に+反応が出てしまうと意味がないわけで・・・(-"-;)

その定性検査は次回の診察で行うとのことだった。

この定性検査の結果がマイナス反応であれば、1ヶ月通院が1ヶ月半に1回通院となる。でもこの検査で少しでも+になってしまった場合は・・・ちょっと面倒くさいことになるんだけど・・・orz

先生は、かる〜く

「ま、大丈夫やとは思いますけどねφ(゚∀゚ )」

と言うた後、いつものごとく

「でも、インターフェロンが終わってかなり経ってからウイルス出る人もおるからね(-o-;)」

と恐いことをおっしゃった(^^;

2回目の診察が2週間も遅くなってしまったのでちょっと変則的な状態になってしまい、次回の診察は7月25日になった。

診察室を出てお会計。
前回は「お支払い結構です」とか訳の分からんことを言われて切れたが、今回はスムーズに終了。

その後、パパさまは続きで予約を取っていた歯医者に行く事になっていたのだが、自宅付近でにゃあを降ろすのを忘れ、用もないのに歯医者にまで連れて行かれたんやけど・・・
( ̄^ ̄)


色々あったが、とにかくやっと月1通院2回目が終了した。

終了はしたんやけど、終わった瞬間から

「次の診察、ちゃんと行けるかなぁ(。。)」

と思うにゃあなのでした。

「そりゃ不安だわ」って人はクリックお願いしましゅ
m(_ _)m♪


  ブログランキング・にほんブログ村へ


いいもの見つけてきました



これもちょっとええかも


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
にゃあのお勧めリンク♪

★「C型肝炎」関係★
★「C型肝炎をやっつけるぞ!」★
↑こちらの方も、今現在「C型肝炎」と戦っておられます。みんなでやっつけようね(^^)
★「心のうち」★
↑日常の色々も書いておられますよ〜(^^)
★「K氏の C型肝炎〜ウイルス撃退〜闘病記」★↑こちらの方も、今現在C型肝炎と格闘されておられます。必ず撃退されると思ってます(^^)

★お役立ちサイト★
★「患者コミニュティ」★↑こちらの方は、今現在はまだ開発中とのことで、参加者?を募っておられます。興味のある方は一度見てみてくださいね(^^)
★「暮らしにFPエッセンスを♪」★
↑こちらはにゃあのお友達で「医療介護福祉」に興味をもたれて活動されてるFPの方のブログです
そんなに堅苦しくない文章ですが、とても賢ーい人のブログなので、お勉強になりますよ(^^)b(にゃあは常にお世話になっております


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。