にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「突然終了」

会社の健康診断にて肝臓に「要精密検査」のしるしを付けられたパパさま(旦那さま)。検査の結果「C型肝炎」と判明。入院コースとなる。入院中の検査もインターフェロン+投薬治療も特に問題もなく、アッサリと退院。退院後は週1通院となり、すばらくするとインターフェロン増量に。パパさまの副作用も出始める。その副作用に慣れ対応出来るようになった頃、またまたインターフェロン増量へ。多少の副作用に右往左往したけれど、やっとこインターフェロンが終了〜!だけど・・・

いつ終わるのかいつ終わるのかと考えあぐねた(-"-;)一週間が過ぎ、3月3週目に突入。

この日は診察フルコースデー。

にゃあ:「今日、先生にいつ終わるのかちゃんと聞いてみような。(・_・;)」
パパさま:「そやなぁ〜(-o-;)」

そんな会話をしながら病院へGO。

予約時間はいつもよりも1時間早めの14:00〜15:00例のごとく、いつものように採血などを済ませて診察室の前で昼寝(−−)Zzzz

名前を呼ばれて診察室へ入る。先生にご挨拶(_ _)

先生:「どうですかぁ〜?体の具合は?(。。?」→カルテ見てる。
パパさま:「はい。大丈夫です。特に変わった事はありません(・・)」
先生:「そうですか〜・・・」

妙な沈黙・・・

パパさま:「あ、あのっ。えっと。インターフェロンはいつ終わるんですか・・・?(−−;)」
先生:「ん?あ〜っと。。あ。今日。φ(゜∀゜ )」
パパさま:「へ?きょ、今日?Σ(・ω・ノ)ノ!」
先生:「そう今日。今日で終わり。前言わへんかったっけ?(・・?」
パパさま:「いや。。。3月の真ん中あたりとは聞いてましたけど・・(。。;」
先生:「今日、今日。今日で終わり。お疲れさまでした
(_ _)」


先生とパパさまの会話を聞きつつ、「ハト豆」な顔になるにゃあ(きっとパパさまもハト豆に)

続いて今後の確認をすると

先生:「今後は、大体3ヶ月間ほど1ヶ月に1回通院してもらって、血液検査で「インターフェロンと投薬をやめてもウイルスが再発しないかどうか」を見ていって、3ヶ月ほど何もなければその後は1ヶ月半に1回で大体2回ほど通院に変えて血液検査かな。」
「インターフェロンが終わって3ヶ月間の間(血液検査3回)に、ウイルスの反応が出てこなければ、「ほぼ」完治というても間違いはないけれど・・・でも人によってはかなり時間が経ってから再発する人もいるから、今はまだ何ともね・・・
σ(^◇^;)」


そうか。

インターフェロンが終わるのは、ただ面倒(週1回の通院)が軽くなるだけで「完治」ではないんやな。
インターフェロン終了後が実はものっそ大事なんや・・・orz

インターフェロンとレベトールが体の中で頑張っていたから、ウイルスの勢いを弱めて退治していたけれど、その治療をやめた瞬間に頑固なウイルスが復活してしまう可能性もありうるわけか。((((;゜Д゜)))

「システムは風邪と同じか〜(-"-;)」→薬やめたらぶり返すつう意味で。

インターフェロンが終わったら、治療も終了になるかと、ちょっと勘違いをかましていたにゃあは

「まだ気合が必要なのね〜 (o_ _)o」(ちょろりとがっくり)

その時に見せたれた血液検査の結果はこちら。

●GOT・・・・18(平均値:8〜38)
●GPT・・・・17(平均値:4〜44)
●γGTP・・・25(平均値:16〜73)

●白血球・・・4760(平均値:3800〜9000)
●血小板・・・24.2(平均値:15〜35)


やっぱりいつ見ても何の問題もないような結果だ。
だけど、先生いわく「何の問題もないような血液検査に見えても、ウイルス量をはかる検査でウイルスが出てしまう場合がある」のらしい。

やっぱりインターフェロンが終わったからと言うて、気を抜いて変な食生活とかしてたら思いっきり復活してしまうのかも知れんΣ(@△@;)

インターフェロンが終われば「副作用」からは開放されるけれど、前半のインターフェロン期間6ヶ月よりも、インターフェロンが終わった後半の6ヶ月の方が何かと重要な気がして

「やっと注射が終わったヽ('ー`)ノ」

という開放かんから一転、またまた余計な緊張感に包まれた。Σ(|||▽||| )

先生と今後のお話を一通りし、次回の予定は4月の3週目に決定。

インターフェロン終了を先生に聞いて少しほっとしたものの、今後のことを考えると「わーいヽ('ー`)ノ」と言うてる場合でもない。

パパさまは

「注射が終わってよかった〜。週1で通院はキツイわ(>_<)」

と面倒から逃れられたことを喜んでいたが、逆に月1通院になると

「自分は今まだ治療中」

と言うことの意識が薄れるのも、これまたしかり。

帰りの車の中で、ほっとしているパパさまに

「まだ治療は終わってないからなっ!先生が終わり(完治)と言うまで終わりじゃないからなっ!(屮゜□゜)屮」

こんこんと叩き込みながら帰宅したのでした。

「油断しちゃーいけねぇ」って人はクリックお願いしましゅ
m(_ _)m♪


  ブログランキング・にほんブログ村へ

いいもの見つけてきました



これもちょっとええかも




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
にゃあのお勧めリンク♪

★「C型肝炎」関係★
★「C型肝炎をやっつけるぞ!」★
↑こちらの方も、今現在「C型肝炎」と戦っておられます。みんなでやっつけようね(^^)
★「心のうち」★
↑いろいろな日々の日常も書いておられますよ〜(^^)
★「K氏の C型肝炎〜ウイルス撃退〜闘病記」★↑こちらの方も、今現在C型肝炎と格闘されておられます。必ず撃退されると思ってます(^^)

★お役立ちサイト★
★「患者コミニュティ」★↑こちらの方は、今現在はまだ開発中とのことで、参加者?を募っておられます。興味のある方は一度見てみてくださいね(^^)
★「暮らしにFPエッセンスを♪」★
↑こちらはにゃあのお友達で「医療介護福祉」に興味をもたれて活動されてるFPの方のブログです
そんなに堅苦しくない文章ですが、とても賢ーい人のブログなので、お勉強になりますよ(^^)b(にゃあは常にお世話になっております

この記事へのコメント
にゃあさん、こんばんは。
まずは疲れ様です!
週一の通院はたいへんですよね。
しかも会社から・・・。
まだ完治!とはいかないみたいですが、でも、羽は伸ばしてもバチは当たらない?
お酒や脂っこいものはやめといたほうがよさそうですが・・。
後しばらく、がんばってくださいね。
Posted by さっちぃ at 2007年06月11日 22:16
さっちぃさん、こんにちわ(^^)ノ”

お返事がいつも遅くてごめんなさい・・・

ホンマ、週1通院は、にゃあもパパさまも、すごーく疲れる通院でした・・・(−−)

6ヶ月間の間「早く週1通院終われ〜」と毎回思いましたもん(笑)特にパパさまは会社抜けて、なので可愛そうでした。

しかしっ!この週1通院が終わってからの方が、何かと重要だとは、あんまり考えてなかったので、まだ少し気合が必要な感じです(^^;

食事はそうですね。。。にゃあはメニューを考えるのがすごく苦手なんですけど、必死で考えてます(笑)

が、夕食をすごく考えて作っても、昼食が「コンビニ弁当」とか聞くと、脱力するんですが(−−)

まだまだ先が長いですが、頑張ってやって行こうと思います(^^)q
Posted by にゃあ at 2007年06月24日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。