にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「緊張の金曜日」

会社の健康診断にて肝臓に「要精密検査」のしるしを付けられたパパさま(旦那さま)。検査の結果「C型肝炎」と判明。入院コースとなる。入院中の検査もインターフェロン+投薬治療も特に問題もなく、アッサリと退院。退院後は週1通院となり、すばらくするとインターフェロン増量に。パパさまの副作用も出始める。その副作用に慣れ対応出来るようになった頃、またまたインターフェロン増量へ。再増量後は初回のみ副作用が強かったが、それ以外は比較的快適に過ごす。

’07年1月4週目。何となしに久しぶりの「診察付きフルコースデー」

「診察が付いている」

ってだけでもう・・・グッタリ(笑)

注射だけの週が多くなっていた事もあって、毎週診察があった時よりも「グッタリ感」が・・・(−−;

当然、当の本人であるパパさまも、病院の前日から

「ふぅ〜(。。)」

・・・深いため息(笑)

そりゃそうだろうなぁ(;´д` )=3

一家の大黒柱(爆)であるパパさまは、もちろんのことながら会社があり、病院へ行く日は毎週仕事を抜けて診察を受けるわけで。

聞いているだけでとても面倒くしゃいっ!ヽ(゚Д゚*)ノ

だけど、面倒くしゃいんだけど、病院へ行ってとにかく注射はしないといけないし、採血も定期的に行って数値を見ないと病気の具合も分からない。

「代わってやれるものなら変わってやりたい(⊃д⊂)」

パパさまを見てたら毎週そう思ってしまう。

病院が朝からの予約なら、朝から病院・午後会社みたいなスケジュール調整も出来たんだろうけど、なんてったって予約時間は病院が勝手に午後3時〜4時と決めてくれているので(笑)、変更もままならない(;゚皿゚)

毎週病院へ付いていっているにゃあも、パパさまに合わせてバタバタするし、診察があるときは採血の結果が出ている時が殆どなので緊張するしで、にゃあの眠りも浅い(起きないといけないって言う緊張感もあるけど・笑)

にゃあ夫婦は、診察があってもなくても

「病院のある金曜日」

を中心に毎週過ごすようになっていた。

さて。久方ぶりの診察。

いつもの通り予約時間通りに病院へ到着〜。

忘れかけてた「検尿・採血」を済ませ、受付番号を呼ばれるまでひたすら待つ。(&寝る・笑)

どれだけ早めに病院へ行っても、予約時間ピッタリぐらいに名前を呼ぶ看護婦さん(−−;

パパさま・にゃあ:「こんにちわ〜(^^)(^^)」

ハモリながら先生に挨拶しつつ診察室へ。

先生:「はい、こんにちわ〜(^^)」

いつもそうなのだけど、診察室に入ってパパさまが椅子に座るなり、先生は採血の結果表を手渡す。それを見ながらお話するのだ(っても得に話すことは出てこないけど)

先生:「体の具合、どうです〜?φ(.. )」
パパさま:「インターフェロン増えて(祭増量)から、1回だけ全身痛くて大変だったですけど、その後は特にしんどい事もなかったです(・・)」
先生:「そうなんか〜。今の頓服で大丈夫?」
パパさま:「ハイ。大丈夫です。」

毎回毎回「ハンコを押したのに近い会話」を先生と交わし、採血の検査結果の説明へ。

この日の結果は

●GOT・・・19(平均値:8〜38)
●GPT・・・21(平均値:4〜44)
●γーGPT・・36(平均値:16〜73)

●白血球・・・3180(平均値:3800〜9000)
●血小板・・・20.1(平均値:15〜35)


こういう内容。

にゃあから見ると

「ちょっと白血球が下がり気味かな?(・_・;)」

とも思うが、先生いわく

「ぜーんぜん問題なし。心配後無用(o^-')b」

らしいので、にゃあはちょっと気にしすぎなのかも知れん
σ(^◇^;)

血液検査の結果は、C型肝炎のウイルスもさることながら、「疲れ」などでも若干変動するので全部が全部「ウイルスのせい」で変化しているもんでもないようだ(・_・ゞ

会社で激務が続くと、いくらパパさまでも疲れが出てくるわけですし(-"-;)

頭では分かっていても、にゃあもパパさまも正直「完治に向かっているのかどうなのか?」が分からない状態なので、先生に

「問題ないよ。大丈夫(^^)v」

とか

「順調にいってるからね〜(^^)b」

とか言うてもらうと、診察室の中で小さく安堵のため息が出るのでした(^。^;)

採血結果の説明を全部聞いた後

先生:「インターフェロンが100でもとりあえず問題なさそうなんで、最後まで100の量で頑張りましょうか。ねっ(^^)q」

とおっしゃった。

後はお薬の手配をしてもらって、診察は終了。相変わらず5分程度(笑)

待ってる時間が9割の診察がやっと終わると、そこからはすごい早い。

ずっとのんびり歩いていたのに、急に小走りし始めた?感じのスピードアップ具合(笑)妙にせわしない(゚Д゚;≡゚Д゚;)

パパさまの注射とお会計が同時進行だから、そう感じるのかも。

この日のお会計は。。。

11690円

にゃあは、お金がびゅんびゅん飛んで行く事に慣れしまい、通院当初の頃は、お会計窓口の人に喧嘩売ってる状態で、ふてぶてしい態度のお支払いだったが、3ヶ月もすれば笑顔でお支払いが出来るようになった。(お札は投げ捨てていたが・笑)

全ての事が終わって、遅い昼食を食べに喫茶店へ
( ̄-( ̄*)モグモグ 

診察が終わった安堵感と、診察終わりでいつも出てくる「先への不安」が入り混じった状態での昼食なので、病院帰りの喫茶店はいつも異様にテンションが高いにゃあ夫婦(・∀・)

家で晩御飯を食べる時の会話の少なさとは、比べ物にならんほどの弾丸トーク(笑)

お互いがお互いに

「大丈夫、大丈夫、大丈夫・・・(-"-;)」

と言い聞かせあっているような感じ。

喫茶店を出たら、パパさまは会社へ、にゃあは薬局。

お薬代は

10730円

レベトール2週間分と頓服+胃ぐすりセット5日分。

薬局へ行く頃、にゃあは毎週同じことを考えている。

「この週末は、パパさま体大丈夫かなぁ・・・(。。)」

病院が終わって、パパさまが会社から帰ってくるのを、毎週緊張しながら待つにゃあだった。

「1日のうちで一番嫌な時間帯がある」って人はクリックお願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ


いいもの見つけてきました



他の病気のキットもあるみたいです



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
にゃあのお勧めリンク♪
★「C型肝炎」関係★
★「C型肝炎をやっつけるぞ!」★
↑こちらの方も、今現在「C型肝炎」と戦っておられます。みんなでやっつけようね(^^)
★「心のうち」★
↑日常の色々も書いておられます〜(^^)
★「K氏の C型肝炎〜ウイルス撃退〜闘病記」★↑こちらの方も、今現在C型肝炎と格闘されておられます。必ず撃退されると思ってます(^^)
★お役立ちサイト★
★「患者コミニュティ」★↑こちらの方は、今現在はまだ開発中とのことで、参加者?を募っておられます。興味のある方は一度見てみてくださいね(^^)
★「暮らしにFPエッセンスを♪」★
↑こちらはにゃあのお友達で「医療介護福祉」に興味をもたれて活動されてるFPの方のブログです
そんなに堅苦しくない文章ですが、とても賢ーい人のブログなので、お勉強になりますよ(^^)b(にゃあは常にお世話になっております


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。