にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「疲れには要注意」

会社の健康診断にて肝臓に「要精密検査」のしるしを付けられたパパさま(旦那さま)。検査の結果「C型肝炎」と判明。入院コースとなる。入院中の検査もインターフェロン+投薬治療も特に問題もなく、アッサリと退院。退院後は週1通院となり、すばらくするとインターフェロン増量に。パパさまの副作用も出始める。その副作用に慣れ対応出来るようになった頃、またまたインターフェロン増量へ。再増量1回目はひどい副作用に苦しむ。2回目は爽快に過ごす。さて3回目は・・・

’07年1月3週、再増量3回目。3回目もインターフェロンのみの日。

朝の早よから病院へ出かけたが、再増量2回目のインターフェロン後、思ったよりも副作用が数十倍軽かったため、パパさまは少し安心した様子で心持軽やかに見えた。(にゃあは眠たくて朦朧としていた)

病院へ向かう車の中で、相当気持ちが軽かったのかパパさまは

パパさま:「も〜う大丈夫やろ〜。副作用もでぇへんやろ〜♪(*≧m≦*)」

と言うていた。

んがっd(ゝω・o)

にゃあは知っている。

「疲れがたまっている時は、どんなに体が慣れていても副作用は出るっ!(;゚皿゚)」

っつう事を(。。)

ヨレンヨレンのヘロンヘロンって訳ではないが、疲れが貯蓄されていると少なからず体のどこかに何かが起こっている。

パパさまの注射日は毎週金曜日。1週間の疲れをためこんでいる時なので、知らず知らずのうちにひどく疲れていたりすると副作用は出るわけで。

にゃあは朦朧とした頭で、その旨をパパさまに伝えてみたが、基本的ににゃあの話を聞いちゃいねぇ(-"-;)

一応

パパさま:「あ〜。そうかも知れんなぁ。疲れてたらアカンかも。σ(^◇^;)」

とは言うものの

「もう慣れちゃったもんね〜。へっへーん!~ヽ('ー`)ノ~」

と思っているのは見てとれたので、とりあえず

「疲れないでね?(>_<)」(ちょっと無理があるが)

とだけお願いしておいた(−人−)

さて。病院へ到着。

今回こそは例の頓服さまをGETせねばならんっ(屮゜□゜)屮

注射のみデーの時は病院にいる時間が短いため、消化器科の受付の段階で看護婦さんをとっ捕まえて

「と、頓服をくれ〜(/TДT)/」

とお願いせねば。

病院は常に患者さんが多いため、看護婦さんを確保するのは至難の業だが、パパさまに任せてほおっておいた場合、言い出しにくい環境だったりすると

「知っててスルーする」

可能性があるので、にゃあが看護婦さんにへばりついて、他の患者さんと話していようが、看護婦さんの前に順番待ちの列が出来ていようが、ストーカーばりにくっついて訴えなければならん。

忙しい時におじいちゃんの文句を聞いてあげている看護婦さんも大変だが、頓服がもらえないとにゃあの家も大変なのだ(笑)

けど何ごとも段取りと言うかタイミングが肝心なので、にゃあの横でパパさまに見てていただいて、「言い出すタイミング」をお勉強していただこう。

にゃあは消化器科にパパさまが受付表を渡した後、わざわざ診察室の中から看護婦さんを呼び出し

「と、頓服ください〜(/TДT)/」

と勢い良く言うた。

パパさまは横目で見ていたので、にゃあの思惑通り何かを学んだようだ(笑)

消化器科の受付を済ませると、5分も待たずにインターフェロンの処方箋?を渡されるので、パパさまは処置室へ。

にゃあはその間にお会計。

9770円

頓服の処方箋が含まれてるので、いつもの注射だけの金額よりもほんの少し高め。

けども9.5割は全部インターフェロン代(笑)

注射が終わってパパさまが戻ってきたので、病院からはさっさと退散〜=3=3=3=3

’07年1月からインターフェロンが再増量になったわけだが、再増量になった頃から、パパさまが注射を打つ腕には

「注射痕の赤く大きめの楕円形」

が中々と消えなくなった。

長い期間打っているせいもあるだろうけど、量が増えたのもあるのかも知れない(T_T)

以前は1週間前に打った注射の痕は、2・3日もすれば完全に消えていたのに、1週間経っても中々と消えない。

そしてそこが「猛烈にかゆい(;゚皿゚)」んだとか(笑)

「長期間なせいもあるけど、量が増えると皮膚の反応もひどくなるんかもな〜」

毎回その「痕」を見るたんびに思った。

注射の痕はかゆいが、注射直後はいつものようにだるさも何もない様子でパパさまは会社へ。

にゃあは「待望の」頓服処方箋を握り締めて薬局へ。

「週末、先週みたいに無事に過ごせるとええなぁ〜(・_・;)」

パパさまの治療を始めてから、一度たりともスッキリさわやかな週末を迎えたことがないにゃあは、毎週週末に感じる

「どんよろり〜ん(o_ _)o」

とした気分で、チャリンコを爆こぎした。

「意味もなく週末はどよんとする〜」って人はクリックお願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ

興味深かったです



何か以前に新聞に載っていたみたいです



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
にゃあのお勧めリンク♪
★「C型肝炎」関係★
★「C型肝炎をやっつけるぞ!」★
↑こちらの方も、今現在「C型肝炎」と戦っておられます。みんなでやっつけようね(^^)
★「心のうち」★
↑日常の色々も書いておられますよ〜(^^)
★「K氏の C型肝炎〜ウイルス撃退〜闘病記」★↑こちらの方も、今現在C型肝炎と格闘されておられます。必ず撃退されると思ってます(^^)

★お役立ちサイト★
★「患者コミニュティ」★↑こちらの方は、今現在はまだ開発中とのことで、参加者?を募っておられます。興味のある方は一度見てみてくださいね(^^)
★「暮らしにFPエッセンスを♪」★
↑こちらはにゃあのお友達で「医療介護福祉」に興味をもたれて活動されてるFPの方のブログです
そんなに堅苦しくない文章ですが、とても賢ーい人のブログなので、お勉強になりますよ(^^)b(にゃあは常にお世話になっております


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。