にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「副作用?不機嫌?」

★あらすじ★
会社の健康診断にて肝臓に「要精密検査」のしるしをつけられたパパさま(旦那さま)。検査の結果出てきた病気は「C型肝炎」&入院。入院中も検査を受け、それが終わったときにやっとインターフェロン+投薬治療へ。心配していた「副作用」も全くなく元気いっぱいに退院。退院後、週1回の通院生活となり、何週か通院した頃にインターフェロンの量が50→70へと増量。50だった時は何の副作用も出ずに問題なかったのだが・・・

インターフェロンの量が増量になった週末、パパさまは治療後初めてぐらいで37度を越える微熱を出した。

ついでに「ただ機嫌が悪いだけ?」のような、非常に分かり難い状態の

「これって副作用?」

と、誰かに聞かないと分からない程度の感情の変化も表れ出した。
初めて量が増えた週末は、土曜日も日曜日も仕事があったので、パパさまは仕事へ出かけた。

もちろん月曜日からも通常の仕事があって、普通に通勤してはいたものの、家に帰ってくるといつも不機嫌で、会話をしようにもブッチンブッチンと途中で途切れ、挙句にパパさまからの返事といえば

「トゲのついた茎だけのバラ」(花はなし)

ぐらいの、にゃあの心にとってはかなり「痛い(TдT)」ものだった。

にゃあは毎日毎日トゲトゲ攻撃にあい、そのたびに自分を責め日ごとに凹んでいった・・・orz

特に多かったのが、食事について。

毎日、パパさまの体のことを考えて食事を用意していても

「それは食いたくない(-"-;)」

と言い出す日がしょっちゅうだった (屮゜□゜)屮

たまになら仕方ないとも思うけど、頻繁だったのでにゃあの中の「家政婦な気分」はどんどん膨らんだ。

そんな苦しい日々を過ごし、恒例の金曜日が来た。

この日の検査結果(前の週の採血分)

●GOT・・・20(平均値:8〜38)
●GPT・・・24(平均値:4〜44)
●γーGTP・・57(平均値:16〜73)
●白血球・・・3990(平均値:3800〜9000)
●血小板・・・23.9(平均値:15〜35)


γーGTPもやっとこ下がったし、白血球と血小板は超良好。いつの結果を見ても、先生が褒めてくださる数値(笑)

血液検査の結果を見て、先生は

先生:「注射の量が変わったけど、どう?」
パパさま:「ちょっと熱が出ました。」
先生:「そうか〜。まぁ、ちょっとの熱はしょうがないかな。検査結果も良好やし、このまま様子を見よっか。んで、今度はウイルスの量が最小まで調べられる検査をするからね」
「それで、ウイルスの量が0.5以下になるとマイナスが出てるんやけど、たとえマイナスになったとしても、ウイルスが消えてるのと違うから。マイナスになったら『検査の数値に出ない程度のウイルス量になった』というだけなのでね。」


とのことだった。

この検査の結果で、マイナスが出たら、ほぼウイルスは消えている。(ほぼだけど)
でも完全に消えたわけではなくて、検査の結果に出ないだけ。

何ともぼんやりした検査だ。

パパさまは、「診察の間」「看護婦さんとの会話」などなど、他人の関わることに関しては、いつもの通り愛想もいいが、にゃあと2人になった瞬間に無表情で不機嫌な人になった。

毎度毎度クラっとくるお会計を支払い、パパさまは会社へ戻っていった。

その夜、またも帰宅後、即

パパさま「にゃあ、体温計かして」

この時も少し微熱。37度4分かぐらい。

パパさま:「はぁ〜(;´д` )=3」

ため息のみ。

夕食も無言、食後も無言、寝る前も無言。

「口はないのか、おまいはっ!ヽ(゚Д゚*)ノ」

と言いたくなるような、無言の嵐

その日は金曜日で、次の日の土曜日は仕事があったのだか、パパさまはいつまでもいつまでもTVを見ていて、寝ようとしなかったので、にゃあは気になって

にゃあ:「なぁ〜?もう(夜中の)12時半やで?寝なくてええの〜?」

と、「寝ること」を促したのだが、返ってきた言葉は

パパさま:「分かってるっ!ヽ(゚Д゚*)ノ」(怒鳴り気味)

・・・( ̄□ ̄;)

この、「パパさまが怒鳴り気味な返事」をするまでに、にゃあは何回か寝ることを促していたのだけども。
普段から「眠い、寝不足や」とか言うてたし、その日も遅かったので

「早く寝たほうがええんちゃうかな〜」

と思った親切心で声をかけていたのに。

何もそんな

「反抗期の中学生」

みたいな返事せんでもええんちゃうっ?ヽ(`Д´)ノ

この時は何故か瞬間的に「カッチン」ときたので、にゃあも布団を直しながら

「もう、二度と言わんっ!(▼皿▼#)」(絶叫)

パパさまに聞こえるように叫んだ。(この時からマジで言わなくなった。)

空気の重い土曜日を越えて、問題の日曜日。

パパさまは「会社へ行く」と言うていた。

パパさまが日曜日会社の時は、帰ってくるのが少し早い。

いつものにゃあならば、夕食の下ごしらえをして待っているのだけど、この日は前日のことを引きずって、ムカっ腹が立っていた+自分を責めることに疲れていたので、お友達の誘いもありお出かけした。

パパさまへ

「飯炊き家政婦(にゃあのこと)は、ちょっと人と会ってきます」

と、超感じの悪い意地悪メールを送信して。

実は、このただの意地悪で送った「超感じの悪いメール」が、パパさまの気持ちにガツンと響いてるとも知らずに。

いいもの見つけてきました↓



へぇ〜。こんなものが↓




頑張っても認めてもらってるんだか分からない、寂しいにゃあにクリックお願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
にゃあのお勧めリンク♪
★「C型肝炎をやっつけるぞ!」★
↑こちらの方も、今現在「C型肝炎」と戦っておられます。みんなでやっつけようね(^^)
★「心のうち」★
↑こちらはこれから「C型肝炎」と戦っていかれる方です。にゃあは応援しています(^^)
★「暮らしにFPエッセンスを♪」★
↑こちらはにゃあのお友達で「医療介護福祉」に興味をもたれて活動されてるFPの方のブログです
そんなに堅苦しくない文章ですが、とても賢ーい人のブログなので、お勉強になりますよ(^^)b(にゃあは常にお世話になっております

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。