にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「初通院」

★あらすじ★
会社の健康診断で、肝臓に「要精密検査」のしるしを付けられたうちのパパさま(旦那さま)。数々の検査をこなし、出てきた結果は「C型肝炎」。今の医学は進歩しているとはいえ、「C型肝炎」の治療にあたり入院をせねばならず、お仕事の都合を付けて入院へ。入院中、「肝生検」やら「眼底検査」などを乗り越えて、「インターフェロン治療」開始。ここで、かなりの「副作用」と覚悟していたにゃあとパパさまだったが、よく耳にする「ものすごく辛い副作用」とは全くの無縁で、体の痛みや辛さを訴えることなく、後半の入院生活を元気もりもりに過ごし、無事に退院となりました。退院後の治療メニューは、約6ヶ月の「週1回通院生活」でした。

1週間の入院を終え、週末を自宅でのんびり過ごした後、次の週の月曜日から仕事に復活したパパさま。ヽ('ー`)ノ

入院中は「副作用」が全く出なかったので

「もしかしたら、家に帰ってから副作用が出てくるかも知れん。」

にゃあは、ちょっとだけそう思ってたので、心構えをしていたが、そんな心配は無用だった。(パパさまは元気いっぱいだった・笑)

退院したのが、9月19日。初めての通院日は9月25日だった。

退院の時に看護婦さんが

看護婦さん:「外来で来られるときは、患者さんがかなり多いので、予約制になってまして・・・25日の午後15時〜16時で予約させてもらいますね〜」

また何と中途半端な・・・(-"-;)

パパさま:「その時間だと仕事の具合があって、抜け出しにくいので、朝一番の時間になりませんか?(−人−)」

と何度かお願いするも、もうすでに予約が詰まってるようで、時間をこちらから指定することは無理だった。(現在も通院中だけど、予約時間は変更できず・汗)

さて。25日がやってきた。

パパさまは

「何とか早めに行って受付して、出来るだけ早く終わらせよう(o^-')b」

と考えていたみたいで、かなり早めに会社から帰宅。予約時間の15時よりもかなり早めに病院へ行った。

受付を済ませ待っていると、早めに行ったかいがあって

「検尿・採血」

までは、受付数分後には終了。

「もしかしたら、予約時間よりも早く終わるかも?!」

と2人して期待したが・・・

呼ばれないっ!

名前を呼ばれないーっ!

そこの病院が総合病院で大きい。受付は自動で、受付が完了すると「受付番号」の書かれた紙切れが出てくる。

で、自分の診察する科(パパさまの場合は消化器科)の前で待機してると、診察室のドアの部分に電光掲示板があり、そこへ受付番号が出てくる仕組み。

5個ぐらい出て、上の番号から順番に診察室へ呼ばれる。

確か、この「通院初日」はかなり早く病院へ行ってたので、15時前には「検尿・採血」は終了してたと思う。

電光掲示板を眺めていると、番号の表示がおかしい・・

順番がバラバラ。例えば、パパさまが50番を持っていたとしたら、49番の次が50番なはずなのに、

「49・1・48・・・」

と「50番」は全然表示されない。

「この番号の紙って、順番に診察できるんじゃないんやな・・・(-"-;)」

そのとき初めて理解した。(患者さんのカルテの都合だとかで変動するらしい)

「消化器科」の前でじーっと待つ。

その間に居眠るにゃあ夫婦(−−)Zzzz(パパさまは「いびき」付き。結構ぐっすり眠りました・笑)

椅子で眠ってるので、体が痛くなって寝返り?を打つこと数回目、やーっと名前が呼ばれる。。(パパさまビクッとなる)

時計を見ると・・・?

予約時間の15時ピッタリ。

先ほども書いたけど、「検尿・採血」が終わったのは、15時前・・・と言うことは。

1時間キッチリ待ったと。(そりゃよく眠れるわ)

がーっと転寝したのが約1時間、診察は数分。

診察が終わる頃には「待ち疲れ」していた2人だった・・orz

診察の内容は

先生:「肝臓の数値(GOT・GPT・γーGPT)は、ものすごくいい状態で下がってるしウイルスの数値も下がってるし、白血球・血小板の数値も全然減ることなくて問題なし。
順調だけど『完治を目指す』ということなので、キッチリ6ヶ月間「インターフェロン&レベトール治療をします。
初めの2ヶ月間は、毎週採血して検査をしながら数値を見ていって、2ヶ月超えたら2週か3週に1回の間隔で採血して検査して行きます。」


とのこと。

パパさまの場合、健康診断で「要精密検査」のしるしは付けられたが、初めから

「人よりもちょっと高いか?」

ぐらいの数値だったのと、ウイルスの型がインターフェロンの効果が出やすい型だったのと、パパさまの回復力が元々高かった?のとで、通院する頃の血液検査の数値は、

「パッと見、『C型肝炎』なんてウソちゃうん?」

って言う数値だったが、やっぱりγーGPTと、ウイルスの数値は下がりきってなかった。

長い時間待ち診察を受けたパパさまは

「2回目のインターフェロン注射」

へ、処置室へと向かった。その間ににゃあはお会計を済ますため、「会計受付」へ書類を提出。

「会計受付」で、お会計の書類を入れる箱があるのだけど、そこにも

「只今、待ち時間10分待ち」
などど書いてある。

「お会計窓口が3個もあるのに、10分待ちぃ?( ̄^ ̄)」

待ちつかれてイライラしてたにゃあは、段々ご機嫌が悪くなって行った(;゚皿゚)

お会計は10分も待たずにすんだが、そこでもにゃあは

「はあぁぁ?!(屮゜□゜)屮」

と思わず叫びそうな出来事にあった。

お会計の時に

「●●さま、▲▲さま、にゃあさま、2番窓口までお越しください」

とかアナウンスがあるんですが、↑のアナウンスでは、にゃあは「3番目」に名前を呼ばれてるっしょ?

にゃあは初め、この「名前を呼ばれる順番」を気にしてなかったのね。

けどけどけどっ

ここの病院

「名前を呼んだ順番にしか、お会計をしない」

んですよー?

初めお会計をしたときに、「呼ばれた名前の順番」を気にせずに、会計窓口に行って

「にゃあですけど・・」

ってお財布を出そうとしたら、窓口の女性に

「お名前をお呼びした順番でお会計をしますので、並んでください」

とか言われました( ̄^ ̄)

このとき思わず文句を言いましたが、上と同じセリフをもう一回言われた。

にゃあ、今まで大きい病院へ行ってたりしますが

「名前を呼んだ順に会計」

なんて初めてでしたよ。手元に会計する「呼んだ人の書類」があるねんから、「呼んだ順」でなくても会計できると思うけどっ!

呼ぶ名前も10人も呼ぶわけであるまいし。せいぜい3人ぐらいなんだから。

このときのお会計は

「検尿・採血・診察・インターフェロン25」(週1回通院にする調整のため、インターフェロンの量は半分)

で、5620円。(にゃあの家にとっては高い医療費)

「まぁ。採血もあったしね。。。インターフェロンって高いって聞くしね・・・(TT)」(お会計の制度に怒っていたので、お金を投げつけて払ったが、実はここで結構な脱力)

ほんで、お会計が済んだら、お薬をもらうための「処方箋」が出る。

にゃあがお会計を済ませて処方箋をもらっている間に、パパさまはインターフェロンも終わっていたので、一度家に帰宅。全部終了したのは、これまた16時ぴったり。

パパさまは会社へ戻り、にゃあは処方箋を持って「レベトール」を買いに薬局へ。

出ていたお薬は2週間分。(1日3錠)

薬局へ行って処方箋を出す。すでに準備されていたようで、すぐさまお薬が出てくる。

薬局の人:「はいっ♪おまたせ〜。えっと、9970円ね〜」
にゃあ:「9970円っ!?マジで?3割負担で?
Σ(・ω・ノ)ノ!」
(目玉が飛び出る)
薬局の人:「うん・・このお薬は高いねん・・ごめんね」(謝られる)
にゃあ:「(T∇T)・・・(超脱力)」

たった2週間分で、お薬が1万円だとっ?

お薬値切るわけにはいかないので、おとなしくお支払いしたが、帰りに買い物しようと思ってたのに、財布が空っぽになって出来なくなった(。。)

通院初日、病院・お薬全部で15000円以上かよ・・・orz

痛い・・痛すぎる・・・

貧乏なにゃあの家庭には、とっても痛い金額だった。

が、これからまだ「医療費の負担」は大きくなっていくのでした。

いいもの見つけてきました↓



これもちょっとええかも↓




「同じく病院での待ち時間は寝る」って人はクリックお願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。