にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「退院」

★あらずじ★
会社の健康診断で、肝臓に「要精密検査」の烙印を押されたうちのパパさま(旦那さま)。その後、精密検査なるものを何度も受け、判明したのは「C型肝炎」。今の医学は進歩してるとは言え、「C型肝炎」は入院しなければならず、パパさまはお仕事に段取りを付けて入院へ。入院2日目からまた検査検査の日々を乗り越えて、やっとこ「インターフェロン治療」開始。・・・したものの、「C型肝炎」の治療で一番厄介とされている「副作用」なるものが、全く出ず「病人」のはずなのに、すこぶる元気いっぱいのパパさまだった・・・

入院5日目に初めての「インターフェロン注射」。その夜にも熱は出ず、体の痛みもなく

「はたして本当にインターフェロンは効いてるのか?」

な状態だったパパさま。

翌日の入院6日目も、熱は平熱、取り立てて体が辛いとか言う事もなく、食欲も旺盛。

「いったい『副作用』はどこへ??」

毎日、病院前の「拷問坂」をチャリンコ(自転車)で上がり、看病疲れをしていたにゃあよりも元気な病人だった(笑)

入院7日目。この日は午前中で退院の日だった。

何かと長かった1週間。やっと退院だ(〃´o`)=3

にゃあは車の免許を持ってないので、眠い目をこすって(徹夜だったかも?)病院の送迎バスに乗り、パパさまをお迎えに行った。

たかだか1週間とは言え、パパさまは元気がありあまっており、何やら荷物がてんこ盛りだったので、入院するときよりも帰りの方が荷物が多かった・・・(-"-;)

両手に袋をいっぱい下げて、やっと家に帰宅。

この日は確か、パパさまは家で昼寝をしたと思う。病院ではあんまり眠れなかったようだった。

退院した週は会社をお休みして、家で「入院疲れ」を癒して次の週の月曜日から会社へ出勤した。

このときから

「毎週1回の通院生活」

が始まった。でも、2人でビビッていた「副作用」も、さほど(ってかほとんど)なく

「インターフェロンを打って、(体が)こんなもんなんやったら、会社も全然大丈夫やなっd(ゝω・o)」

2人ともそう思っていた。

後々

「何で副作用が軽かったのか?」

が分かることになるのだけど・・・(−−;)

突然だけど、にゃあの家は2人とも朝食を食べない。理由は簡単。

「グータラ奥様が寝てるから」

です(^^;

元々、結婚前から2人とも

「朝食を食べる時間があるなら、寝ていたい」

タイプだったので、結婚してから「朝ごはん」というものを食べたことはほとんどないんです。

だけどもだけども。

今回、パパさまが「C型肝炎」になって、治療するにあたり「インターフェロン」と+「レベトールカプセル」

「朝に1錠っ!」

飲まないといけない。「インターフェロン注射」は、病院へ行ってやってもらうのだけど、「レベトールカプセル」は自宅で飲むわけで。

先生いわく

先生:「お昼ご飯の時に飲むと、薬と薬の時間の間隔が短くなるので、必ず『朝・晩』ねっ(o^-^)b」

との事なので、何か朝、会社へ出勤する前に

「物を食わせてから、薬を飲ませないといけない」

ってことになった・・・(グータラ奥様は非常に困った・汗)

そこで、登場したのがにゃあが病院で

「それ食えっ!やれ食えっ!」

と、パパさまに一生懸命食べさせていた『バナナ』♪

にゃあが色々と調べた結果、『バナナ』

●良質で即効性のある白血球を作ってくれる。(体の外から入ってきた細菌やウイルスの対して、素早く察知してすぐさま攻撃してくれるような白血球を作ってくれる)
●食物繊維が含まれてるのだが、『バナナ』の食物繊維は体内の脂肪分もさることながら、内臓に付いた脂肪分も吸収してくれて、水溶性の食物繊維のため、吸収した脂肪分と一緒に外に排出してくれる(ダイエットとかに最適)


こんな感じかな?

果物は糖分が多そうで沢山食べたら太りそうと思われがちだけど、以外と糖分は少なくて、良い成分が沢山含まれているらしい。

お腹の「もち」もいいし、↑の内容を考えるとパパさまにはもってこい

『バナナ』の場合は、1日2本ぐらいがいいんだって

にゃあは、毎朝朝食の代わりに『バナナ』を与えることにした(これなら、グータラ奥様も寝ていられる・笑)

毎朝、『バナナ』を食べて頂いて、せいぜい体内で

「良質で細菌やウイルスに攻撃力の強い白血球」

をせっせと作ってもらいましょう(^^)v

今の所、退院後は1日1本、バナナを朝食代わりに食べて、その後にレベトールを1錠飲む、という感じ。

食べ物で「良質の白血球」を沢山作ろうと思えば、そりゃあ、しこたま食べないと間に合わないだろうけど、何もしないよりもマシさ。ヽ('ー`)ノ

お薬でなくて、食べ物でも多少は補えるんだもん。何かしないとね〜。

って・・本当は朝ごはんをちゃんと食べればええんやけど
(^^;

パイナップルも↑と同じような成分が含まれてるらしいよ。

調べていたら。とても体にいい成分が含まれている果物が沢山あった。(何事も食べすぎは良くないけども・笑)

なので、パパさまが退院してからというもの、にゃあの家には『バナナ』がかかせなくなった(笑)しかも、『青いバナナ(硬めのヤツね)』

『バナナつり』まで購入して。

パパさまは

「バナナを食う」→「レベトールを1錠飲む」→「会社へ行く」

を毎日繰り返し、金曜日は病院へ行って「診察と採血とインターフェロン注射」、と言うメニューを繰り返すことになった。

退院の間際に1回目のインターフェロンを打ったので、ちょっと間が開くけど、次の週の1週間を飛ばし翌々週の月曜日に2回目、同じ週の金曜日に3回目。

インターフェロンの効き目を持続させるために、そういう段取りになった。

先生の説明を聞くと、インターフェロンというのは、実は

「注射してから1週間ほどしか効果がない」

なんだそうで。注射と注射の間が10日も開くと

「注射の効き目は綺麗さっぱり切れてる」

んだとか(−−;

なので、通院の初めはインターフェロンの効き目をうまく「週1回」のタイミングにさせるために、退院した次の週は注射の間隔が狭すぎるので、翌々週の月曜日にインターフェロンの量を通常の半分にして打って、そしてまた同じ週の金曜日に残りの半分を打つ。

その後からは、毎週金曜日に病院。

そういった「通院メニュー」になった。

退院のタイミングと注射のタイミング、仕事のタイミングなどなどがあったので、入院中の1回目と退院後の2回目の間隔が開いてしまうが仕方なかった・・・(。。;

あっ!そうそう。

退院の時に、にゃあがかなり「脱力」したことがあったんですよ。

そりは・・・入院費っ!!!

退院の時にお会計をしたのですが、退院の日の朝、パパさまから電話がかかってきて

パパさま:「あ、にゃあ?入院費の金額なんやけどな・・・」
にゃあ:「うん。いくら?(メモとボールペン用意)」
パパさま:「は・・は・・80990円・・・」
にゃあ:「はっ!8万っ!?Σ(・ω・ノ)ノ!1週間しか入院してへんで?手術も何もしてへんで?(変な汗が出る)」
パパさま:「うん・・けど8万・・・」
にゃあ:「うぅ〜(T_T)。わ、分かった。80990円やな?」

ちょっとはお金を用意してたのですけど、全然足りなかったので、銀行へ寄り道してから病院へ行きましたよ・・・

このとき、にゃあはあまりの金額にビックらこいて、思わずメモに

「8990円」

とか書いてました(笑)

「何でそんな高いんやろう・・・何にそんなお金かかってるんやろう・・・パパさま、検査はしたけど3食ガッツリ食べて、ゴロゴロしてただけやのに・・・(.. )」

通院するようになって、からくり(?)が分かってくるのですが、あまりに高い金額に、にゃあはめまいがするほど脱力したのでした・・・(@_@;)

いいもの見つけてきました。無料やって



これ↓も便利そう



「バナナっていいヤツなんだ。へぇ〜」って人はクリックお願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。