にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「検査検査また検査」

2006年8月頭に会社の健康診断にて「肝臓の精密検査を受けるように」となった、にゃあの旦那さま(パパさま)。その後、恐がるパパさまをなだめすかして、病院へ精密検査に。お盆休みを挟んで2006年8月11日に「C型肝炎」であることが発覚。けれど・・・

「病院」もとい「クリニック」にて、精密検査をした結果、「C型肝炎であろう」と言うことは間違いなかったのだが、この結果を聞いた病院」が自宅から遠かったので

「自宅の近所でいい病院を探して、そこで1からやり直し(@_@;)」

と相成ったにゃあ夫婦。

幸い、にゃあの家の近所(少し遠いけど)には、

「肝臓の治療(とくに肝炎関係)にとても優秀&有名な病院がある(o^-')b」

とのことで、あまり探さなくてもすぐに見つけることが出来た。

ただ・・・(-"-;)

この病院は、初診は全て「紹介制度」

他の病院の「紹介状」がないと、「初診料」を取られるらしい。

「初診料2100円」

「紹介状」があるのとないのとでは、金額が偉く違ってくるのだ。

にゃあは

「そんなアホな┐('〜`;)┌」

と思ったけれど、その病院のHPを見たら、キッチリと

「紹介状がない場合は、初診料2100円頂きます」

と書かれている。

最悪なことに、にゃあのところにはパパさまが先に診察した「クリニック」の「紹介状」なるものはなかった。

ってか、にゃあはパパさまに

「紹介状をちゃんと書いてもらえっヽ(`Д´)ノ」

と言うたし、パパさまも先生に

「紹介状をください(−人−)」

と言うたのにも関わらず、その先の「クリニック」の先生はサラッと

先生:「あ?大丈夫大丈夫。紹介状なくても、この検査結果見せたらいけるから。(o^-^)b」

とおっしゃったのだ。

面倒だったのか何だったのか、よく分からないけども、そういった事情で「紹介状」はもらえなかった

「紹介状はないけど、病気のことを考えるとダラダラしてるわけにもいかないし、とりあえず新しい病院へGOだな=3」

にゃあの頭の中は、「病気をさっさと治療しなければ」と言うことでいっぱいだったので・・・

パパさまと2人、先の「クリニック」で出た診断結果を握り締めて、自宅近くの「肝臓に優秀」だと言われる病院へ、8月26日に行ったのでした。

病院の受付に行って、握り締めていた診断結果を見せて事情を説明すると

受付:「とりあえず、消化器科の受付をしてください。で、その結果は先生に見せて診察をされてください。」

とのこと。

初診であることを伝えると、受付をしてくれて診察券を作ってくれた。

番号の紙を持って、診察の順番を待った。(かなり待った)

診察の時が来て、パパさまだけが診察室へ入ること数分。

割と早く出てきたが・・・

パパさま:「血液検査をするって〜」
にゃあ:「へ?だって検査結果見せたんやろ?」
パパさま:「先生は一応見たけど、他の病院の結果やから、もう一回血液の検査するって・・・」
にゃあ:「もしかして、『ウイルスの型を調べる血液検査』じゃなくって、『C型肝炎かどうか?』の血液検査?前の病院でやったのと同じことするん?」
パパさま:「そうやと思う。。。」
にゃあ:「だって、この(先の病院の)検査結果、1週間ぐらいしか日経ってないやん!何でそんな無駄なことするん?」
パパさま:「ワシに言われても・・・けど、他の病院の検査結果は信用できんってことちゃう?」

何で病院ってこうなんだろうね。

「他の病院は信じない」というか・・・

「初めからやり直し」になるのは分かっていたけど、まさかゼロからやり直しだなんて思ってなかったよ。

看護婦さん?が「この結果は他院のものですしね・・・」って言うてたもん。

他院であろうがなかろうが、同じ検査ばっかしてたら、治療までの時間が延びるのよっ!

すごく心配で

「検査結果待つ間に、病状が悪化したらどうしよう(T_T)」

とか、ものすごく不安なのに、どーしてもっと臨機応変に出来ないのかなぁ。

それやったら、『ウィルスの型が何型か?』を調べる検査をしてみて、型が出れば肝炎に間違いないし、万が一出なかったらそこからまた調べなおしでも遅くないんちゃうん?(肝炎を基準に考えて、ですが。)

にゃあは一人で文句ブチブチ言いながら、パパさまの採血を待って、その日はそれでおしまい。

「その病院の検査で」明確な

「C型肝炎である」

と言う結果が出ない限り、お薬も何もなし。

どこの病院でも言われるように

「1週間後にまた来て下さい」
だった。

確かに、「肝臓は沈黙の臓器」と言われて、悪くなっても自覚症状が出にくい臓器であるし、自覚症状が出てしまったらすでに「相当具合悪い」事になってるとは言われるけども。

「その無駄な検査をしている間に、病状が悪化しないって保障がどこにあるっヽ(゚Д゚*)ノ」

病院の中で叫ぶ訳にもいかないので、にゃあは心の中で叫び、顔はぶーたれていた( ̄^ ̄)

何もかもが終わって、さぁお会計。

「血液検査があるから、ちょっと高くなるやろうなぁ(。。;」

と多めに見積もってお金を持っていったけれども。

けれどもっ(;゚皿゚)

ここで、「紹介状がない」のがあだになる・・・orz

受付:「お会計は¥6230円です」(本当に言われた金額です)

ちょ、ちょっと待て。

血液検査って確か4000円から5000円ぐらいの間じゃ・・・

あっ!!!!!

「初診料」やっ!あのバカ高い「初診料」

「紹介状」がないとボッタくられる「初診料」!

にゃあはその日の全てのことに、ものの見事にご機嫌を損ねられていたので、「お会計」でごねだした(笑)

にゃあ:「あの〜。前の病院の検査結果があって、その病院の先生が『これを持って行ったら、紹介状はいらないから』と言われたんですけど・・・初診料が必要なんですかぁ?」
受付:「・・・はい。これは「紹介状」ではないので・・・」
にゃあ:「けど、これ(検査結果)があったら、紹介状は必要ないって言われたので、これが紹介状の代わりでしょっ?」
受付:「いえ・・あの・・『紹介状』って言うのは、『白い封筒にキチンと入ったもの』でして・・・」

なんじゃそりゃ。

じゃあ、検査結果を『白い封筒』に入れてキチンと封をしていれば、『紹介状』になるんちゃうんかいっ!

待ち時間の長さと、無駄なことをする&『紹介状』にこだわって、なかったら2100円も初診料を取る、というその病院の姿勢に、にゃあはグッタリしてたので、言われたとおり

「6230円」

を支払って(投げつけて・笑)、パパさまと共に帰宅しました。

「不安」と言う気持ちだけを増やされて。

確かに、キチンと調べて病院を探さなかったり、ゴリ押しでも先の病院の先生に「紹介状」を書いてもらわなかった、にゃあ夫婦も悪いけれど。

大きい病院の融通の利かなさ加減に、何とも言えない気持ちになった1日でした。

「また1週間か・・・」

「要精密検査」から、待ってばっかりいて、不安が募るにゃあなのでした。

いいもの見つけてきました



これもちょっとええかも



「大きい病院って融通利かないよなっ」って人はクリックお願いしましゅ
m(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。