にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「精密検査へ」

2006年8月の初めに、会社で行った健康診断の結果を持って帰宅したうちのパパさま(旦那さま)

そこには、「肝臓」の欄に「要精密検査」と印が。。。

ひどく落ち込むパパさまと、慌てふためくにゃあ。(@_@;)

うちのパパさまは、見た目はそうでもないけれど、意外と(いや、かなり?)気が小さい(笑)

もう「要精密検査」の文字が恐い。病院が恐い恐い(笑)

にゃあは、比較的病弱(??)なので、病院慣れしてることもあり、そんなに抵抗はないけれども、元々元気いっぱいのパパさまにとって、病院はそりゃあもう恐ーいところ。(いい年なんですが)

そんなパパさまを数日間の間の説得と脅し(?)で、何とか病院で精密検査を受けることになった。

検査の前は毎日毎日、奮発して「ハマグリ」のお澄ましを飲ませて、検査までの短い間、小さい抵抗を試みたりした(笑)

精密検査に行った日は2006年8月11日で、選んだ病院は会社で健康診断を受けた病院。

車で出かけたのだけど、パパさまの顔は

「青い・・・(−−;)」

そして、カッチコチ&よくしゃべる。黙ってられないらしい(笑)

笑ってる場合ではないし、本人は産まれて初めてぐらいの出来事なので、恐いのも分かる。

にゃあは四六時中病院へ行くし、検査もしてきてるので、何ってことはないんだけど、やっぱり恐いよね。

車の中で

パパさま:「どんなんするんかな〜。血抜くんかな〜。嫌やな〜(>_<)」
にゃあ:「けど、血液検査がまず一番やと思うから、血は抜かれるよ。でもそれは、検査のためだし。それないと検査できないし。血液検査が何にしても一番よく分かるからねぇ。
(-"-;)」

パパさま:「でもぉ〜(TдT)」

そんな会話の繰り返し。

にゃあは

「今日の晩御飯は、肉にしてやろう。血も抜かれることだし(o^-')b」

と考えたりしてた(笑)

病院に到着し、健康診断結果の用紙を握り締めたパパさまは、窓口へ一直線に行って内容を伝えた。

そこの病院は、「病院」とは別棟で隣に「クリニック」があり、パパさまとにゃあはクリニックへ誘導される。

病院と違って、クリニックの方はかなりすいてて、アッサリと検査は終わった。

血液採取の後、パパさまは診察室へ呼ばれて、数分で出てきた。

にゃあ:「どうやった?」
パパさま:「えっとぉ〜」

全部が終わって、緊張が解けたパパさまが言うには

●「検査結果は1週間後ぐらいに出ること」
●「肝臓に何か負担がかかるようなこと(お酒とか疲れとか)があったかどうか」


っていう内容だったらしい。

この時点では、大した事は何も言われなかった。

というのも、後で知ったことだけど、パパさまの肝臓の数値は、通常「C型肝炎」が発病した人に比べると、かなーり低い数値であり、ラインが微妙だったみたい。(発病してない人に比べれば高いけど)

健康診断で肝臓が引っかかってしまう場合、

「GOT」
「GPT」
「γーGPT」


の項目の部分を見て、平均数値よりも大幅に高ければ、

「肝臓に何かありますよ」

ってことになる。

一般的によく言われるらしき事は、この↑の数値が相当高いと、健康診断の結果用紙を見ただけでも、お医者様は

「肝炎の疑いがありますね」

と分かるらしいし、「C型肝炎」の方は↑の数値は尋常でないぐらい高いらしいが・・・・

パパさまの場合。

「平均よりは高いけども、どれをとっても微妙・・・」

そのぐらいの数値レベルだったのですよ。

だから

「ただの疲れ肝臓かも知れん」
「アルコールの取りすぎかも知れん」
「肝炎の可能性も無きにしも非ず」


みたいな、中途半端な状態だったのです。

うちのパパさまは、仕事は超多忙で忙しいですし、土日も仕事してたりして疲れてはいるけども、お酒飲みではないんです。

全く飲まないわけでもないけど、家に帰って発泡酒(350ml)を2缶。それだけ。飲みに出かけることも全くなし。

キッチリ毎日帰宅して、メシを食います(−−;

なので、精密検査や病院にビビッてるパパさまを横目に、にゃあは心の中で

「9割は疲れ肝臓だと思うけどなぁ」

と思ってて、特に大げさな心配はしてなかった。

けど・・・どこかで。心のどこかで。

1割の引っかかりも感じていた。直感というか。

検査の日が8月11日だったので、結果が分かるのはお盆明け。

このお盆は毎年恒例で旅行へ出かけることになっていた。

「とりあえず、晩御飯は『肉』と『ハマグリ』やなっ!」

あとの全てはお盆があけてから。

このときの1週間ほど、「長い」と思ったことはありませんでした。

いいもの見つけてきました



これもちょっとええかも



「ハマグリ、ウマいよね〜」って人はクリックお願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。