にゃあのブログへ来て頂いてありがとうございます(^^)

★はじめに★

この日記は、にゃあの旦那さまである「パパさま」
「C型肝炎」を発病してからの色々を、にゃあの目線
から見て書き綴っている日記です。

「この日記を書こう」と思ったのが、C型肝炎発病より
もかなり遅い時期だったので、今現在も治療中では
あるのですが、日記を書く方が追いつかず、文中に
過去形で表記されていたりする場面がございます。

発病の初めから書きたいと思って書いておりましたの
で、遡っての記載がありますが、ご了承ください
m(_ _)m

なお、個人記載のブログですので、見ていただく方やブログ
の内容によっては、不快にさせてしまう表現もあるかと思いま
す。もしご気分を害された場合は、このブログのページをすぐ
さま閉じてご覧頂かないよう
、お願いいたします。


C型肝炎「発病」

ことの始まりは・・・

2006年8月初めのある日、うちの旦那さまである「パパさま」が、会社から持って帰ってきた1枚の紙切れでした。

1ヶ月以上も前に、パパさまの会社で行った「健康診断」の結果が、忘れた頃に届いたらしく、それを持って帰ってきたのでした。

以前から、大きい病気には全然縁がなく、健康診断でも引っかかったことのない、超ウルトラ元気なパパさま。

そのパパさまが、何やら申告な顔&落ち込んだ顔して、その健康診断の結果をにゃあに渡しました。

パパさま:「・・・1個だけな・・・引っかかってん・・・(T_T)」(注:夫婦ともども関西人なので、関西弁が出ます)
にゃあ:「へっ!?何がアカン(ダメ)やったん?
( ̄□ ̄;)」


にゃあはパパさまからその用紙をひったくり、よくよく見てみると。

「肝機能障害の可能性があります。精密検査を受けてください。」

・・・・(@_@;)

「肝臓」の項目のところには、「要検査」(だったと思う)のしるしが。

にゃあ:「診断の日、具合悪かったん?何か疲れてたん?」
パパさま:「う〜ん(-"-;)1ヶ月以上前やから、そのときの体調は覚えてない・・・」
にゃあ:「思い当たるフシはないの?」
パパさま:「・・・何もないなぁ。」

パパさまも、「精密検査」の文字に相当ショックを受けていて、何か原因があったのか?を必死で考えている様子。

にゃあも、身内が健康診断で「要精密検査」になったことがなかったので、かなり慌てたし恐かった。

けど、検査をしたら以外と何もなかったとか、たまたまそのとき疲れてたとか、そんなんかも知れないと思う方向へ頭を持っていって

にゃあ:「肝臓は大事やし、とにかく早めに検査に行こ?検査したら何もないかも知れんやん?早く分かったほうがいいやん?」
パパさま:「でもなぁ。仕事がなー(-"-;)」(仕事が超多忙&病院が嫌い&恐い)
にゃあ:「そんなん言うてる場合ちゃうやんっ!仕事の段取り早くつけてきてなっ!病院行くでっ!!ヽ(゚Д゚*)ノ」

・・・・こんな感じで、全く何もなく平和に「のほほ〜ん」と暮らしてた日常は、慌ただしくて大変な日々になっていくのでした。

いいもの見つけてきました



これもちょっとええかも



応援クリック人お願いしましゅm(_ _)m♪

  ブログランキング・にほんブログ村へ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。